スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ過ぎた日@ヴィアーレ

フランス留学時代の友達、マチルダとランチしました。

ヴィアーレ1
前菜の前の口直しの前菜。

「美味しいパスタが食べたい」というマチルダの意向をふまえて、
ホテル・サンルートの上にあるイタリアン『ヴィアーレ』に行きました。

予約をしていったのだけど、満席でした。
周りを見渡すと、年輩の方が多かった気がする・・。
まぁこういう所で優雅なランチをとっているのは、
大抵年配なご婦人ですわね。。

ヴィアーレ2
前菜。イチジクと鴨のなんとかをチョイス。

美味しいご飯を食べながら
「留学時代の●●は今何をしている」と言う話で盛り上がった。

その当時からアメリカ人は自由~と言う感じがしたのだけど、
(そこに来ていたアメリカ人がね。勿論真面目な人もいると思う)
(外交官になるのが夢だったはずなのに)軍に入るために結婚した人や、
行方不明になった人の話を聞き、
「やはり自由だ」と思ってしまいました。。

ヴィアーレ3
パスタは確か鹿肉。

マチの友達のフランス人K(ポムの友達でもある・・)は
長年付き合った日本人の彼女がいて、
彼女は彼のために人生を捧げているような人・・。
感覚が日本人離れしているというか。

マチが彼に、「彼女と結婚するの?」と尋ねたら、
「なんで日本人はすぐに結婚というの?」と怒られたそうですわ。
(あ、彼女は言ってないと思うけど。。)

結婚する人が50%を下回ったフランスですものね。
その感覚は当たり前か・・。

ヴィアーレ4
デザートは洋なしのコンポート、珈琲アイス添え。

ちなみにポムも、つきあい始めた当初は結婚と言うことにこだわっていなかった。
自分の親が離婚していると言うのもあると思うけど、
「結婚が全てじゃない」と思っていたらしい。
それよりも一緒に暮らしたい!と言っていた。

近くに住んでいて「一緒に暮らす」と言うのなら考えられなくはないかもしれないけど、
全てをなげうってフランスに行き同棲なんて考えは私にはなかった。

そんなリスキーな事は出来ないと言う思いを伝え続け、
やっと日本の心を理解してもらえるようになった気がする。。

蟹1
蟹と一緒に手も蟹!

夜は高校時代の友達、カトリーナと一緒に蟹を食べに行った。

誕生日が近い私たちは、毎年真ん中誕生日会をしている。
もう、なかなかいい大人になったし、豪華に行きましょー♪と言うことで、
蟹のフルコースを食べに行った。

年は取っても中身はまだまだ子ども(の心を持った)私たち。

蟹を食べると大人しくなると言うのに、
キャーキャー騒いでおりました。

蟹2
蟹の刺身。美味。

蟹づくしのコースだったのだけど、
量が多すぎて完食できず最後は蟹を見るのも嫌に・・・。
結局、折り詰めにしてもらいました。ふぅ。
スポンサーサイト

続く誕生日会☆

今月は誕生日と言うことで、予定が盛りだくさんです。
この間は、高校時代の友達、Nちゃんが祝ってくれました☆

三井ガーデンホテルの上にあるフレンチレストランに行きました。
眺めがよかったのだけど、外は寒すぎて雪が散っていました!

三井1
前菜盛り合わせ~!

Nちゃんは新婚さん。
今までは結構毎週の様に飲みに行ったり、
マメに電話をしていたのだけど、
結婚してからは「夜は出れません!」と、とても旦那さんを大切にしています。。

この日も、何かあるごとに
「うちの彼が言っていたけどね。。」
とノロケのオンパレード。

幸せなんだな~その幸せにあやかりたい!と思いました。

そういえば、私はあまり人に年下に見られることがないのだけど、
その日はNちゃんに「なんか若いよね~」といわれた。

すごくビックリしたけど、
確かに結婚した人って、いろいろと責任感とかも出てきて
落ち着くのかも。

私って所詮独身で、自分のことしか考えてないのかもしれません・・。てへ。

三井2
スープとサラダ。そしてこの後メインとデザートの写真は撮り忘れ・・(爆)

優雅に昼間からワインを飲み、
そして話もはずみ、メインとデザートを食べた後は、
街をぶらぶらしました。

そしてこれからどうする~?と話しながら歩いていると、
おもむろにNちゃんが「占いに行きたい!」と言い出しました。

占い・・・?

別に良いけど、新婚でとっても幸せなはずのNちゃん。
占いに行きたいなんて?とちょっとビックリしました。

占いでは、「あなた、結婚してお金に苦労しなくなったわね」

と良いことを言われていた一方で、

「旦那さんに対して、ものすごくストレスを感じてますね。。」

とズバリと当てられていた・・。
(「あ、そうです!そうです!!」といっていたので、
そうだったみたい。。)

あのノロケは本気だったのかな・・・。

ちなみに私は、
ポムが逆の感情を持っており(彼が私に対してストレスを感じているらしい・・)
そして、彼は今年はついていないと言われた。。

そうそう、私は人の縁に恵まれるんだってさ!!
それ、この間行った、タロット占いをしてくれるバーでも言われたんだよねぇ。。
なんども言われると、本当にそんな気がしてきて、嬉しいです☆

マダムとXマスプレゼント

マダム(ポムのママ)は私のイメージ通りのフランス人女性。

とにかく物言いがストレートなのだ。

一昨年と3年前のノエル(Xマス)に、
私はポムに手作りのマフラーをプレゼントした。

でも私はハッキリ言って編み物がすごく下手なので(汗)
「こんな物あげても良いの?」と言うレベルだったのだけど、
ポムの希望もあって、渡した。

ポムは喜んでくれたのだけど、
マフラーを見たマダムは

「なあに?この下手なマフラーは??」

と言ったそうだ(爆爆)

一応ポムがフォローをしてくれたのだけど、

「これはyoupiが作ったんだよ!」

「ふうん。でも下手なものは下手なのよ」

と言い放った。

うひゃひゃ。

なので、私がフランスに住んだらやりたいことの一つが編み物です。

マダムに絶対習いたいのだ。

そんなマダムに、数年前に手袋をプレゼントした。
それは作った物ではなくて既製品。

たいそう気に入ってくれて、
いつもいつも使っていたらしい。

そのせいで凄く汚くなって、
この間ポムに

「ねぇ。手袋が汚くなったからまた欲しいのだけど・・
youpiに頼んでちょうだい」

と言ったそうだ。

「もう!なんて図々しいんだ!!!」

とポムは怒っていたけど、
私は「じゃあ今年のノエルは手袋にしよう!」と思った。

私ってAB型のせいか、
結構思ったことははっきり言う方。

なんか初対面で「えーー!」と言われますよね。
B型と共に・・。

でも私の友達って何故かAB型とB型ばっかりで、
結構ハッキリと言う人が多い。

だからあまり気にならないのかも。。
まぁネタとしては突っ込むけど・・。

そんなこんなで、この間ちょっと早いかと思ったけど、
手袋を買いに行き、
マダム好みの濃い赤でファーが付いている手袋を見つけた。

しかし値段を見たら、明らかに同じ種類の色違いなのに、
それだけ安かったのだ。

なんか変だな~と思って、
店員に尋ねたら、それだけ値段を間違えていた。

そっかー。がっくりと思って(ちょっと予算オーバーだったので)
他のを探していたら、
先ほどの店員が近づいてきて、こそっと
「先ほどの手袋はあの安い方の値段で良いですよ!」
と言ってくれた。

そんな訳で、バーゲン価格で買うことが出来た。

気に入ってくれると良いな~

誕生日2008に思うこと

猫

11月6日は誕生日でした。
当日はえみちゃんねるが

「私とデートしてください」と言ってくれて(爆)、

お祝いしてくれた。

帰ったらフランス留学時代の友達からプレゼントが届いていた。
中を見たら、写真立てに当時の写真がいっぱい詰まっていた。

思わず涙が・・・。

日本に帰ってから、全く関係のない土地に住んでいる私たち。

帰国して数年。
あのころみたいに、マメに会うことは不可能だけど、
私たちは本当に仲間!って感じがする。

愛すべき友達たちに囲まれて、私は幸せです。


ところで、私はこの所いろんな人に、

「意外と若かったんだね」

と、年上に見られることが多かった。

あまりに言われるから
だんだん洗脳されてしまって、
歳を一つ重ねても
「歳を取ったー」と言う気持ちよりも
「意外と若いのかな?」と変な気持ちが芽生えてきた。

でも、この間同僚の結婚式に行き、
写真を見て、
「こりゃやばい!」
と妙に納得してしまった。

数年前だと、「頑張って背伸びしています!」って言う
パールのネックレスやブランドものバッグが
変にマッチしていて、
でも若者には決して出せない、
良い歳の重ね方をしたからこそ出てるオーラみたいなものも全くなく、
童顔なのに、変に哀愁が漂っていて、
おばさんくさいと言うか・・。

10代の頃からすごく年上の友達(と言って良いのかな?)が多くて、
「あまり歳の差を感じさせない」
と言われ続けていたせいか、
見た目にも出てきたことにがっくり。


今年の目標は「形になるものを残す!!」で行きます。

まず、勉強で成果を出す。

そして結婚してフランス移住。
(やっぱり勉強が上?)

最近、フランスのvisaについて色々と調べているのだけど、
複雑そうです。

日仏人の結婚には色々とパターンがあるみたいなのだけど、

・日本で結婚して「配偶者visa」を取ってフランス移住
・日本で「長期滞在する為のvisa」を取得してフランスに入って3カ月以内に結婚


私たちは多分後者になるだろうと思う・・。

色んな体験者の話を聞いていると、
この長期滞在するためのvisaを取得するために
結構時間もかかるみたいで、
出来るだけ、無駄もなく仕事を辞めて
visaを取得してフランスに行きたいと思うのだけど・・。

今はどのタイミングで仕事を辞めようかとか、
フランスでの結婚式はどうしようとか、
移住と結婚との時期の兼ね合いとかで頭が悩まされています・・。

もしかしたら今年の事にはならないかもしれないなぁ。。

そうそう、今年最大の目標は、
「どんな逆風が吹いても凛とした女性になりたい」です。

就職活動をしているポムは、
リーマンなど世界不況の影響もあってか、難航しているようです。

そんなときに、私がしっかりとしなくちゃねぇ。。

運命の人を探して

約1年前に、結婚が決まっていた彼との関係がダメになってからも
いつも明るく元気に頑張っていた私の大親友。

そんな彼女のmixiに一通のメッセージが届いた。

「今度ヨガ教室に行かせてください!!」

宣伝するつもりはなく、
ただ自己紹介の所にさりげなく書いていたのだ。

基本的に女性のみだったのだけど、
その人の名前は女性の様だったしOKした。

しかし来てみてビックリ!男性だった。

そしてその時に彼は友達に一目惚れしたみたい。。

それからデートに誘われ、
猛スピードで告白された。

彼女の方は、会った時に全く初対面という感じがしなかったが、
彼のアプローチに戸惑っていた。
(あまりに早かったから)

どうしよう・・と悩んでいたら、
彼女の元にご無沙汰していたとある人から連絡があった。

その方は隣の県で占いをしている女性で、
友達は良くお世話になっていた。

あまりに良く当たり(?)、
友達が前の彼とうまく行っていた時から
「あの人とは相性が良くない」と言われ、
本当にダメになった。

そこまでぴしゃりと言い当てられるので、
ある意味怖いのだけど
その先生が久々に連絡をしてきて、
「最近何か悩んでいることがあるんじゃないの?」
と言い放ったそうだ。

友達はすごく悩んだけど、
結局車で数時間かけた僻地まで占ってもらいに行った。

そして会ってすぐに

「この人が運命の人だよ!!」

と言われた。




「だから付き合うことになったんよ。
でも良いんかね?
まだ全然好きとかじゃないし、
ときめくようなタイプでもないんよ・・・」

と、言う友達の話を聞きながら、私は凄いな~と思った。

だって、本当にきっかけになったmixiだって、
友達は殆ど更新していないし、
自己紹介文もそんなに魅力的だとは思えないし・・。
↑初対面の人にとってね。そこまで情報が書かれていないから。

「でもね、占いに向かっていた間、
絶対こういう事を言われるって思ってたんだ」

全くうちの地元と関係のない彼。

運命の赤い糸に引っ張られて現れて来た気がしたのだけど。。

でもまぁカップルってそれぞれにドラマみたいな話があるけどね。

「とりあえずは1カ月付き合ってみるね!」

と前向きな彼女を見て、幸せになって欲しいな~と願った私です。



追伸・私は絶対にあの占いには行けませぬ。
もしどん底に落ちて、これ以上悪いことはないって時なら行けるけど、
中途半端な時に行って、ショックなことを言われたら
立ち直れなさそう・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。