スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇地元にこんなお店が・・・@Allez-allez!Du vins!◇

アレ1
綴りが変よ・・。

定例化しつつある、元上司と後輩・まちばりちゃんとの食事会。

今回は「ワインが飲みたい」との元上司の言葉により、
『Allez-allez!Du vins!』に行ってきました。

アレ2

ここには、500種類近いワインが常備しています。

私たちは、ソムリエに説明をしてもらい、
南仏のフルーティーなワインをチョイス。

「写真を撮って撮って」と言われたので、
撮らせて頂きました!

アレ3

○○さん。世界デビューですよ~(爆)

このお店の良いところは、
(日本の)他のフランス料理の店と比べると、
ものすご~くカジュアルで、みんなでつまめるところだと私は思う。

各自が「じゃあ私は前菜がこれで、メインががこれ・・」と言う風になっていないのです。

お店の雰囲気も(フランスの)バーみたいかも。。

まずはお通し盛りが出てきました。
以前来た時と、全く違ったモノが出てきました。

アレ4

こういう心遣いが素敵☆

そして、パテを注文~!!
懐かしい!
地元でパテが食べられる店を初めて見ました。

しかもどうせ申し訳程度の量だろうと思ったら
もの凄く盛ってあって・・(爆)

アレ5

途中から頑張って食べてました、私たち。

シェーブル(ヤギのチーズ)のサラダ☆

アレ6

以前にポムの叔母さんに、こんな感じのサラダを作ってもらったことがあって、
それまでシェーブルをそのまましか食べたことがなかった私は
感動したのですー。

シェーブルは火を通すと本当に美味しくなりますね!

レシピをもらって、
是非自分でも作ってみようと思ったのに、
うちの地元ではこのチーズが売っているところがなくて・・(大涙)

田舎バンザイ・・。

さて、ここの1番の売りはガレットです。

アレ7

「ガレットって、まさにフランスのお好み焼きだね♪」

と、お好み大国在住の3人は、盛り上がったのでした。
スポンサーサイト

◇フランスでの勤務体系を知る◇

フランスに関する記事にはもの凄く敏感で、
面白いなと思ってよく読むのが、毎日新聞のコラム。

そこに、この間、
フランスでの育児休暇などについて書いてあった。

フランスは先進国で唯一、出生率が上がっている国で、
日本と比べても女性の社会進出度が高いし、
さぞかし待遇も良いのかと思っていたら、
意外とそうでもないらしい。

(実際は会社によっても違うみたいだけど)
法律では、育休が1年か3年かを選べて、
短ければその分、(働かない間に)毎月もらえるお金が多いらしい。

女性の間には、その育休が長すぎると言う声が多くて、
サルコジは現在、
育休を短くしようと言う法律を決めようとしているんだとか。

その代わりに、不足している保育所の数を増やすと・・。

フランスでも保育所の不足が問題みたいで、
今までの事を続けることはそんなに大変ではないけど、
子どもが出来て、新しく仕事を見つけるのは、
難しいと書いてあった(保育所の空きなどの問題で)。

私もCDI(長期雇用?)の方が、待遇なども良いし、
出来ることならこれを狙いたいと考えている。

フランスでの実務経験が全くないので、
アウトソーシングでまず経験を積むのも良いと思うとポムは言っていた。

いつ渡仏するかも決まっていないのに、
そんな先のことを!って感じもするけど、
どうも先のことを考えて行動しないと気が済まない性格で・・(苦笑)
そのせいで、損をしたこともあるのだけど。
でも、もしかしたら日本で準備できることがあるかもしれないしね。

今まではとりあえず「フランスでフランス人と結婚visa」で
フランスに入って、
結婚の後に滞在許可証を申請しようかと思っていたのだけど、
最近は先に日本で軽いパーティー(お披露目会)をしてから
フランスに行きたいと言う思いが強くなってきて、
そうなると、先に日本で籍を入れても良いなぁ・・って。

そして配偶者visaを持ってフランスへ。

ってこんな事をしていて、
今年中にフランスに行けるのだろうか・・・・??

結局渡仏の話は振り出しに戻っているなぁ。

まぁ気長に・・ね。

◇アヒルと鴨のコインロッカー◇

アヒル
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。


私の周りで、この本にはまっている子が数名いた。

ごめんなさい。
私、本当に邦画に疎くて、この本と、これが映画化されていたことを全く知りませんでした。
(そして題名を聞いた時に、なんだこれ?と思ったという・・)

これは、フランス時代の友人マチルダに借りて読んだのだけど、
なかなか面白かったです。
どうやって映画になったのかもの凄く興味を持ちました。

この作者、伊坂幸太郎氏は大学時代を仙台で過ごしたらしく(確か東北大?)
著書には、東北を舞台にしたモノが多いのだそう。
これは仙台でした(と言っても、殆どその情報は出てこなかった)。

本の中にブータン人が出てきますが、
ブータンに対する憧れみたいなモノが、きっとこの作者にはあったのだろうと、
私は勝手に感じました。

推理小説(なのかな?)だけど、最後はもの凄く心に響いて、ほんわかしました。

ってやっぱり私は本やらの感想を書くのは苦手みたいです(汗)

そうそう、この本を見て私の心に一番ずきゅんと来たことは、
アヒルと鴨の違いですね。

実はフランス語で、アヒルも鴨も『canard』と言って、
なんで一緒なんだろう?とずっと疑問に思っていたのでした。
フォアグラの説明を見ても、『アヒルの肝』と『鴨の肝』とどっちもあったりして・・。
まぁ野生の鴨(鴨)と家の鴨(家鴨と書いてアヒル)と言う言い方もあるみたいですけど。

それでこの本の中で、日本語が片言のブータン人が彼女(日本人)に
「アヒルと鴨の違いはなあに?」と尋ねるシーンがあったのですが、
それに対して、
「アヒルは外来、鴨は元々日本のモノ」と応えていたのですね。←作り話だと思うけど・・
「だからブータン人はアヒルで彼女は鴨」みたいな。

ポムがアヒルで、私が鴨。
その表現良いな~。。

そんな私、昨日は鴨鍋を食べました。
しかも東北料理のお店で、共食い感が否めないという・・(汗)
まぁ美味しかったですけどね。

◇ダークな女◇

花
バレンタインのお花が届きました★


私は黒系の服が好きみたいである・・。

特に冬。

今年は、自分が婦人科系の病気にひっかかったこともあり、
「兎に角、体を冷やさない様にしよう」
「ヒール靴は極力避けよう」
なんて事を考えていたら、
なんだかオサレから遠ざかった女になってしまった(大汗)

気付いたら、黒、グレー、白という3色構成の服を着ることが多くなり、
この間も上司に、

「なぜyoupiさんは暗い服ばかり着ているの?
色が白いのだから明るい服が似合うと思うのに・・」

と言われた。

そうなのか・・。

と、言うわけで、だいぶ世の中は春に近づいてきたし、
買い物をしてみた。

春は明るく。

チュニックっぽいシャツを買ってみた。

ざっくりとしたデニムと合わせたら可愛いだろうな~。
または、今年は(また?)Gジャンが流行るそうなので、
上にジージャンと下はショートパンツなんかも可愛いだろう。

そして大振りなネックレスは薄ピンク。
私のカラーではないかも(爆)

そして勧められた麻のストールも買ってしまった。。

その後、ユニクロでヨガに使えそうなウェアを買おうと思い、
気付いたらあれもこれもと持ってるし・・。

はて?私は何が買いたかったんだっけ?

安いって怖いですね(大汗)

まぁヨガのウェアって家着だし、いつかどこかで使うでしょう。

ところで、脱・ダークカラーと言いながら、いま髪を黒くしたくて仕方がないのです。

長めのボブにしたいな~。
でもただでさえ童顔なのに、もの凄く幼くなってしまいそうだな。
本当は不自然な黒色にしたくないので、
黒に染めず、自然に伸びるのが希望なんだけど、どうなんだろ。

支離滅裂な文章でした。

◇尾道で七沸巡り◇

「尾道で七沸巡りと言うのが有名だから是非やってみると良いよ」

と言うアドバイスを頂き、mouちゃんと行ってきました。

尾道は、あの有名な映画監督、
大林宣彦さんの出身地で、
数々の映画の撮影が行われている町。

尾道9

とにかく坂(と多分ねこ)が有名なのです。

七沸巡りをするとなると、避けては通れない山(坂)登り。

尾道2

えっさえっさと登ってきましたよ。

まずは、持光寺に到着。

尾道3

ここは握り仏なるものが有名です。

尾道4

そして、次の寺に向かいます。

尾道8

尾道で最も有名な千光寺。
恋愛で有名なお守りがあって、これを私とポムは持っていますが、
これを一緒に持っている人は本当に上手く行くのですー。

以前にあげた友達2人は結婚したし、
その友達の妹と義理の妹も彼氏が出来たそうだし。

そんなわけで、また別の友達、えみちゃんねるに買いました♪

そして、その後、大山寺、西國寺と続くわけですが・・・

尾道12
尾道13


ここら辺で、私たちは気付きました。

全くもって、皆さんやる気がございません。

尾道を売り込もうと思って、七沸巡りとか考えたのだろうけど、
寺自体があまり把握していないのですよ。

「なんかただのスタンプラリーみたいになってきたね」
「こんなの御利益でもなんでもないね」
「御朱印帳に失礼だわ」

と言うわけで、4つでやめることにしました。

お昼は尾道ラーメンではないけど、
mouちゃんがネットで調べてくれて、評判の良さそうな『みやち』へ。

尾道11

ラーメンに天ぷらがのっていました。
味は、背脂がのってなくて、あっさりしています。

その後は雑貨や巡りをしました。

田舎町なのに(失礼!)若者が頑張っている様で、可愛い雑貨屋がいくつもあるのですよ。

うちの近所にあるセレクトショップもあって、
思わず入ってみたのだけど、
日曜日にもかかわらずお客があまりいません。。。

良いモノが沢山並んでいるのに・・もったいないなぁと思いますた。

尾道14

最後にお茶をしました。
ここで食べたワッフルは絶品でした☆

なんだかダラダラとした旅になりましたが、本来怠け者の私は、こういうのが良いですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。