スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇paris パリ◇

映画paris
パリという街の中で、一見接点のない人々の日々が静かに交差している。そして、死を意識しはじめたピエールには、アパルトマンのベランダから垣間見る、街中で営まれている彼らの日常が突如として意味を持ち始めるのだった。様々な哀しみや喜びをそれぞれが抱えていて、たとえ彼らの問題が些細であっても、本人にとっては世界で一番重要な事柄なのだということに気づいていく。


セドリック・クラピッシュ監督の映画「paris」を観ました。

実はこれ、東京の方だと、昨年末に公開されたみたいで、
ずっと観たいな~と思っていたのですが、
うちの地元では、やっと3月末に解禁されました。

しかも上映期間はたった1週間(爆)

こんな時に、田舎度を恨みたくなります・・(苦笑)

映画の感想は・・・「うん、これがパリだよね」←パリには住んだことがないけど・・。

パリって、一般的な日本人が思い描いているのは、

『本当に華やかで素敵~。憧れる!
住みたい!!(←と本当に思っている人はどれくらいいるのかわからないけど・・)』

と言う感じだと思うけど、
実際は全然華やかな事はなくて、
移民が多いし、移民の問題とか、
そして勿論リュクスな人はいるのだけど、
そうではなくて、その日を生きている人の方が多いんじゃないかな。

映画の中のパリは、本当に空がグレーで、
これもパリをもの凄く表しているな、と思った。

あまり起承転結もなく、
でも心に響く映画で、まさしくフランス映画というものでした。

フランスに憧れを持っている人には、是非観て頂きたいです。

私はこれを観て「テンションが下がった」とポムに伝えると、
「アメリとかを観て、パリに対するイメージをあげてくれ」と言われました(苦笑)
確かにね、アメリはパリの良いイメージで作られた映画かも。

「でもさ、そんなに魅力のない街だったら、
みんなパリには集まってこないと思う」と言われ(ポムもパリジャンではありませぬ)
パリって本当に、魅惑的で不思議な街だと思いました。
スポンサーサイト

◇もう肌が汚いなんて言わせない◇

アルビオン1

うちの母は、50代にしてものすごーく肌が綺麗で、
私の友達がうちの母に会うと、
私を差し置き(爆)

「おばちゃん!肌が綺麗!!」

と絶対に言う。

明らかに私より、言われる回数が多い(苦笑)

元々母は乾燥肌で、
若い頃からニキビと言うモノに悩まされた事がないらしいし、
私は凄くニキビが出来て、跡に悩まされていたので、
肌質は違うのだ。

でも、頑張ればきっと私も肌が綺麗になるだろうと思って、
思い切って、基礎化粧品をラインで変えることにしてみた。

アットコスメや雑誌でやけに評価の高い「アルビオン」。

実は密かに気になっていた。

乳液が3段階あるのだけど、私は真ん中くらいかな~と思っていた。
しかし、お店できちんと肌チェックをしてもらうと、
もの凄く水分&油分不足で一番強いモノになってしまった(苦笑)

アルビオン2

お肌の曲がり角はとっくに過ぎているのに、
ずっと若い頃のまま、保湿に重点を置かないのはよくないですね。。

使い始めて数日。

ぐいぐい染みこむのを感じます。

肌が綺麗になると良いな~(*^_^*)

◇だって野球好きなんだもん@ナチポック◇

ナチポック1

韓国料理で一般的に有名なのはチゲ鍋。

今回訪れたのは、韓国料理でもナチポックと言う鍋が有名なお店です。
ナチポックとは、「ナチ=タコ」、「ポック=煮詰める」と言う意味。

なんだか釜山の方で有名な鍋だとかなんとかかんとか・・・。
とにかく美味しいと言う噂を聞き、行って参りました!!

私たちは予約をしたのでよかったのですが、
途中何組かが予約なしで来て、断られる人気店。

お店に入ってビックリしたのが、壁中サイン色紙だらけなのです。

店員さんは物凄く気さくな方で、
野球選手と一緒に撮った写真を自慢しに来るのです(爆)

「これ見てごらん~!
大リーグに行った某選手が出発前日にココに食べに来て、一緒に撮った写真だよ」

と言われ、その写真を写真に撮るミーハーな友達マッコリ。

「今日もね、実は隣の席に野球選手が予約してるんだよ!」

ええええ?

プロ野球ファンな私たちは、それからソワソワでした(苦笑)

同じチーム内なのに、1階と2階で別で予約していた選手たち。

私たちの隣に座ったのは、去年の開幕投手のあの方でした。
(でも全くオーラが・・・)

それ以外の選手は2階に行ってしまって、
何故彼だけ1階に?チーム内も派閥が・・・??と感じずにはいられませんでした(おい!)

ナチポック2

鍋は、タコで味を出しているだけあって、ものすご~くダシがきいていました。
ちなみに私たちは、それにホルモンも入った鍋を注文(写真では分かりにくいけど)。
最後にご飯を入れたら、今までに食べたことのない美味な雑炊が食べれました。

キムチも、ものすごく味がするのに白菜がサクサクッとしていて新しい感じでした!

◇草食系男子と肉食系女子◇

この間の夕刊社会面トップに、『草食系男子と肉食系女子』について載っていた。

今更トップ?と言う感じだけど、
職場の上司達(40、50、60代男性)は
「なんだこれは?そうなのか。これは面白い」という感想だった。

そして、
「youpiちゃんは肉食系ではなさそうだ」
とも言われた・・。

まぁ肉食系女子の代表が、
杉本彩だったり青田典子だったりするので、
明らかに私とは逆の女性なのだけど。
でもポムは草食系男子だと思うのですー。

国で決めてしまうのは、本当は好きではないので、私の知っている人のみで
自分の体験談から話してしまいますが、
フランス男は草食系男子が多いと思う。

恋愛に発展するまでのアプローチの仕方と言うより、
付き合ってからのフォローの仕方というか・・。

よく、「外国人と付き合ったら日本人と付き合えないと言うけどそうなの?」と聞かれるのだけど、私は別にそれはないと思う。

フランス男が優しくて気が利くと言うよりも
フランス女があまりに強すぎて、
それに対して出来るだけ応えようとして優しくなっているような。。。

私も多分女性にしては気の強い方だと思いますが(大汗)
マダム(ポムのママ)やお姉さんには、度肝を抜かれる事も多いもの。

うちの職場のおじさま方は、
「女性は家!」みたいな考え方の、
亭主関白タイプが多いと思う。
(まぁ年配なので、それも有り・・)

草食系男子は亭主関白の逆を行く男性だと思う。

最近は「結婚して男性に養ってもらいたいわ」と言う女性より、
「自分の事は自分で、しっかりと立っていたい」と思う女性の方が多い気がするから、
それで「草食系男子は頼りないからダメ」と言うと、
なんだか違うんじゃないかな~と思ってしまうのでした・・。

でも今時は、家庭の事が何も出来ない男性はあまりもてない気もしますけど。。。

◇『おくりびと』を観る◇

おくりびと

実は、ココだけの話(爆)

数年前から、わたしはもっくんこと本木雅弘さんの大ファンなのです。

何年前かにあった、ドラマのCMを観て、
「え?もっくん、めっちゃかっこいいじゃん」
と思い、それからドラマを観るようになり、密かに憧れていたのです・・。

今回、アカデミー賞を受賞して、
「ひゃー!やったー遂にもっくんが。。。」と心の中で喜んでいたのでした。

もっくんは、この『おくりびと』の映画制作までに15年かかったそうです。

15年前にインド旅行に行き、
ガンジス川に流れている死体を見て、人間の死について考えたそう・・。

その時に、このおくりびとの原作となった『定本納棺夫日記』からかなり感銘を受けたそうです。

もっくんの15年前とは、今の私の年齢と、殆ど変わらなくて、
昨年インドに行った私は、同じように、色んな事を考えました。

でも、これから15年の間に、私は一体何が出来るんだろう・・?

この『おくりびと』は、マスコミで言われているように、
本当に笑いアリ涙アリでした。

納棺士と言う職業なので、人の死について改めて向き合えた様な気がします。

そしてまた、自分の親の死に目に私は会えるのかな・・と言うような事を考えてしまいました。

この映画はまた、夫婦など色んな愛にも焦点があたっていたような気がします。

「本当に好きな人の為なら、きっと頑張れる」

そんな事も考えていました・・。



それにしても、もっくんって本当にかっこいいですねぇ。(私だけ・・?)

一緒に映画を観にいったえみちゃんねると、
「映画良かったね。もっくんはかっこいいね」
と、それしか話していないような気がします・・(爆)

最近、週刊誌などでよくもっくん情報を見るのですが、
アイドル出身なのに、ものすご~く真面目そうです。

やっぱり、男性は地に足がついているタイプが好きだな(私はね!!)と思ったのでした・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。