スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドでヨガ(4)

最終日、飛行機は夜の11時過ぎ発だったので、
それまでに首都デリーへ車で向かいました

丁度インドの祝日と重なっていたため、
車が多く、ものすごい時間がかかりました。


08091501
車中で出会った、物売りの少年達。
(金銭的に)貧しくてもそんなことを微塵も感じさせない素晴らしい笑顔


私たちが滞在中の日の中に
「インドの独立記念日」もあり、
やはりこういう日は、テロの心配があると言うことで、
町中には警察がたくさんいましたね。

そして、重要な場所(観光名所)には、
車(バイク、リクシャー含め)を立ち入り禁止にしていたため
すごくピリピリした感じもありました。

でもそこまでガードしてくれていたので、
逆に安心だったかも。。


さて、デリーに着いた後は買い物です

本当は現地の人が買い物をするような所で
安くて可愛いモノを探したかったのですが、
思った以上に移動に時間がかかったし、
ガイドさんがお土産やに連れて行ってくれると言ったので
敢えなく断念・・

でもこの間の事もあるしなぁ・・。

あまり彼の事は信用できなかったのだけど、
時間もないし、とりあえずお任せしました。


インドのお金はルピーと言います。
ルピーは凄く管理が面倒くさく、
日本の銀行や空港などでは両替出来ません

もしかしたらインドで日本円から両替出来たのかもしれませんが、
私たちはとりあえず米ドルに替えてインドに入りました。
(米ドルは都会の大きいお店ではそのまま使うことができます)

そしてその後最初に泊まったホテルにて、
ルピーに替えてもらいました。

ルピーは、日本に持って帰っても戻せないし、
そしてインド国内でも、いくらで両替したという為替の証明書がないと
元に戻せないのですね。

私たちは証明をもらわなかったので、
両替が不可能でした。

なので、全てを使い切ることを決意
まぁそうは言っても、あまりお金は持っていかなかったんですけどね(苦笑)


ガイドに連れて行ってもらったお店は、
やはりと言うべきか、日本人をターゲットにしたおみやげ屋です。

はっきり言って値段は高いし、
質はあまりよくありません。

それに無駄に店員が日本語を話せて、

「お客さん、これ、ハイクオリティね。
これ買ったら良いね」

とかってすごくしつこく勧誘されました

そんな中で、私がゲットしたのは、
スタールビーのネックレスです。

あと、アーユルヴェーダのオイルも買いました。
最近これでマッサージしていますが、なかなか良いです!

城

そしてかるーくデリーを観光して、
帰国の途につきました。

人形

インドは、すごく不思議な国でした。。
宗教色が強すぎて、圧倒されることも多かったけど、
帰国して1カ月たった今では、
なんとなーく懐かしさを覚えるような・・?

もしまた行く機会があったら、
観光客としてより、もっと原住民に馴染んだ生活をおくってみたいです

インド門


<おまけ>
友達が書いた4コマ漫画(爆)

kiri

私の漫画、「パリパリ伝説
(paris在住の作者が、思ったことなどをボソボソっと書いている漫画)
を見て思いついたらしい

笑わせて頂きました

ちなみにここに書いていることは事実です。

4人中3人が熱が出たりお腹を壊したりしました

水は日本から持参していったし、
生ものは口にしなかったし、
食事の度にウェットティッシュでお皿などを拭いたにも関わらず!です。

恐るべしインド
スポンサーサイト
No title 
きりきり伝説。。。!!!
ステキすぎるネーミング。。。
きりきり、絵のセンスもばっつぐんですね。
まちばりんちゃん 
面白いよね。
でも本当にパリパリ伝説にそっくりなんよ。
これを思いついたきりきりに座布団!
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://reogo.blog105.fc2.com/tb.php/12-c5396d29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。