スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際結婚と国際離婚

私は前の仕事の関係で、地元の新聞社に海外リポートっていうのを書いてるんだけど、それを紹介してもらったのが元記者である上司。
私は記者でもなんでもないので、すごい気になるのか、今でもリポートを書くたびに元上司に送って添削してもらってます。

この人、もう70歳くらいなんだけどすごい男気が強くて。
多分期待しているからなんだろうけど、いまだに結構怒られてます(苦笑)

他のリポーターの人と、明らかに私の待遇は違って厳しい。
で、別にそんなつもりでやりたくない・・・ってたまに辞めたくなるんだけど、でもやりたいって言ったのは私だし、ずっとお世話になってるし、言えずじまいでここまで来てます。

今回書こうと思ったのが、妊娠について。
フランスの妊娠のことと日本の妊娠の違いについて。
で、軽い内容で書いて送ったら、これはダメって全やり直し。

そこで内容に書くように言われたのが・・・。
なんで二人目を産むように思ったのかとか、どうして産むようになったのか経緯を書け、と。
えー、別に私が子供を産むことになった経緯なんて面白くないんじゃない?って思ったんだけど。

なんか話を聞いていたら、日仏は離婚が多くて、私の知り合いの話とか前にしたものだから(離婚調停中で、子供がいるために、離婚後も日本に帰れない。育児権は夫にとられていて、彼女は子供たちと2週間に1度しか会えないのに、フランスで生きていかなければならない)、子供が多いのは大変だって思いがすごくあるみたい。
↑万が一離婚ってなったことを考えたときにね。

やっぱり元記者なだけあって、ニュースもすごく詳しいの。
日本、ハーグ条約結びましたね。
日本のニュースとかで見てると、当事者以外はハーグ条約ってすごくいいものじゃないかって思ってる人も多いと思うんです。
国際結婚していて、海外で子育てしている人にとってはいいものじゃないですよね。
それを、よく知っていて、条約を結ぶ前からいつもそのこと言ってたなあ。

そういうのもあるから、子供は一人の方が良いって思いがあったんでしょうかねぇ?

でもそういう話をずっと聞いていると、やっぱり国際結婚は大変だし、離婚をする人が多いし、私も離婚するんじゃないのかって思われてるんだろうなって感じた。

正直、私も離婚したいって思ったこと一度や二度じゃなく考えたことあるけど、そういう風に言われると、離婚できんってなんか変な意地が出てきます。
フランス人って、嫌になったらすぐ離婚ってよく見聞きする。
けど日本人は我慢ですよねぇ。
そんなちょっと嫌なことで離婚してたら、本当にいっぱいバツがついちゃいますね。

うちの両親も私が小学校の時本当に仲が悪くて、ずっと離婚しそうでした。
結局持ち直して、今に至るんだけど、、、ちょっと前も今度は義理の家族のせいで離婚しそうになってたな。
って母が一方的に離婚しても良いかなって思ったらしいんだけど。

もう今は私も大人になったから、母も自分の事とか父のこととか何でも話してくれるんだけど、
離婚を考えるとき、離婚をした後のことを考えるんだって。
今、こういうことが大変で、逃げたいと思う→けど離婚したらこういうことが大変
とかなんちゃらかんちゃら。
結局天秤にかけると、もうちょっと頑張ってみるかってなってるらしいけど。

ま、もちろんどうしようもなくて離婚になることもありますけどね。
いや、むしろそういう状態にまでなるときが、きっと離婚なんでしょうね。

辛いこともたくさん乗り越えて、きっと家庭って作られていくんでしょうねぇ。
だから、私ももうちょっといろいろと頑張ろうと思いました。

スポンサーサイト
 
上司様キビシイねぇ(汗)
それで成長する人と脱落していく人と居ると思うん
だけれど、私は脱落組みだな。。褒めて伸びる子だ
から^^;(甘えてだらけるという事も・・)

家は両親仲良しだと思っているけれど、私が結婚
する時に、ちょっとアドバイス的な一言を母から
もらって初めて“あぁ、お母さんも大変な時が
きっとあったんだろうな”って思った。
そりゃ、他人だもんね~。何にもなくいつも
完璧なわけには行かないよね。
ましてや国際結婚。。。
これからも色々山あり谷あり生活だろうと思うわ
お互いに(苦笑)
ハーグ条約って子供を守るって感じにも取れるん
だけれど結婚してる当の本人達にとってはちょっと
理不尽だなぁと内容読んで感じる。自由な選択
が出来ないというか、社会に出た者だからそれぞ
れの生き方があるだろうに規制されちゃうと
自分の生活を取るか子供をとるかの両極端な
考えになっちゃうなぁって思うんだけれど。。
確かに世間では誘拐チックな事件も起きてそれは
問題だと思うけれど、なにもかもがんじがらめ
にしないと上手く行かないものなのかしら。。。
 
かっこいいわぁ、70歳の上司!!そういう厳しい上司って好きだわ。でも厳しいだけじゃなく仕事もできなきゃですけど。。。youpiちゃんは、こういう文章を書いたりする仕事系だったの?
国際結婚って難しいよねぇ。私が結婚するときは、私自身今ほどネットなんてしてなかったし調べてもこんなに情報はなかったなぁ。離婚なんてどうなるんだろう???っていうレベル。私も離婚かんがえたことあるよ。そら7年も一緒だとね。というか些細な喧嘩なんだけど。
でも子供がいると勝手に子連れで国外でれないし。って頭を冷やしておしまいみたいなね。
旦那の従兄くんが離婚したときは、嫁に問題があって裁判で親権勝ち取ったらしいの。なんかこういうのって複雑だわ。
Re: タイトルなし 
確かに上司様、厳しいっす。
わたしね、仕事を始めた若造の時に、結構言いたいことをはっきり言う性格なもんで、他の上司と仕事中にぶつかってどなられて大泣きしたことがあるの(汗)
で、その日はもういいから帰りなさいって途中で帰らせてもらったんだけど、次の日に仕事に行って、それからもちゃんと仕事をつづけたんだけどね。
それを見て、その厳しい上司様がこいつは骨があるってそれ以来目にかけてくれたらしい。。

結婚生活、もちろん全く不満もなく幸せに暮らしている人もいるんだろうけどねぇ。
でも長いからやっぱりほとんどの人はそれなりの事があるよね。
国際結婚、本当に普通の結婚より大変なことも多いだろうけど、これからもお互い励ましあいながら頑張ろうねぇ(笑)
きちんとがんじがらめにしないと、ちゃんとしないっていうのは確かにあるのかもね。日本にいたとき、離婚ばっかりを扱ってた法律事務所で働いていた知り合いがいたんだけど、裁判で養育費を毎月たったの数千円とかって決めたのに払わないお父さんが結構いるんだって。それでお母さんがまた裁判にして、とかよくあるらしいよ。
日本だと離婚して一緒に暮らさない親は、もう会わないってことも多いんだろうしね。法律できちんとしたら、そういう意味で子供の事は考えているんだろうけど・・・まぁどっちも一長一短だよね。
 
あぁ、上のコメントはcocoさんへのです。
こちらはmimiさんです。

えぇえぇ、もちろん仕事も出来る上司でした。じゃないとね(苦笑)
私は地方の新聞社の子会社で働いていたんだけど、新聞記事の二次媒体使用と言って、ネットに記事を上げたり(yahooの地方版みたいなイメージ)ラジオ局用に原稿書いたりしてました。
やっぱり離婚考えたことありますよね。私も喧嘩して実家に帰らせていただきます!!とかって考えたことあるけど、結局飛行機高いし、遠いし、、、と冷静になって辞めるという。
私の知り合いは、旦那さんが全面的に悪いのに日本人のせいか親権?育児権?を取れなくていまだに闘ってます。本当に複雑ですよね。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: はじめまして 
MGBさま

コメントありがとうございます!!

フランスで自立されてなくても、日本で収入を得られているとのこと。
羨ましいです。

周りで離婚されている人の話をいくつか聞きましたが、本当に日本人同士とは違うまた苦労があるようで。
私も今のところは大丈夫ですが、いつどうなるかわからないって言う思いだけは持っておこうと思っています。

こんな細々としているブログを読んでくださる方もいらっしゃるんですね。
コメントありがとうございました。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://reogo.blog105.fc2.com/tb.php/130-1b9f1a15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。