スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ過ぎた日@ヴィアーレ

フランス留学時代の友達、マチルダとランチしました。

ヴィアーレ1
前菜の前の口直しの前菜。

「美味しいパスタが食べたい」というマチルダの意向をふまえて、
ホテル・サンルートの上にあるイタリアン『ヴィアーレ』に行きました。

予約をしていったのだけど、満席でした。
周りを見渡すと、年輩の方が多かった気がする・・。
まぁこういう所で優雅なランチをとっているのは、
大抵年配なご婦人ですわね。。

ヴィアーレ2
前菜。イチジクと鴨のなんとかをチョイス。

美味しいご飯を食べながら
「留学時代の●●は今何をしている」と言う話で盛り上がった。

その当時からアメリカ人は自由~と言う感じがしたのだけど、
(そこに来ていたアメリカ人がね。勿論真面目な人もいると思う)
(外交官になるのが夢だったはずなのに)軍に入るために結婚した人や、
行方不明になった人の話を聞き、
「やはり自由だ」と思ってしまいました。。

ヴィアーレ3
パスタは確か鹿肉。

マチの友達のフランス人K(ポムの友達でもある・・)は
長年付き合った日本人の彼女がいて、
彼女は彼のために人生を捧げているような人・・。
感覚が日本人離れしているというか。

マチが彼に、「彼女と結婚するの?」と尋ねたら、
「なんで日本人はすぐに結婚というの?」と怒られたそうですわ。
(あ、彼女は言ってないと思うけど。。)

結婚する人が50%を下回ったフランスですものね。
その感覚は当たり前か・・。

ヴィアーレ4
デザートは洋なしのコンポート、珈琲アイス添え。

ちなみにポムも、つきあい始めた当初は結婚と言うことにこだわっていなかった。
自分の親が離婚していると言うのもあると思うけど、
「結婚が全てじゃない」と思っていたらしい。
それよりも一緒に暮らしたい!と言っていた。

近くに住んでいて「一緒に暮らす」と言うのなら考えられなくはないかもしれないけど、
全てをなげうってフランスに行き同棲なんて考えは私にはなかった。

そんなリスキーな事は出来ないと言う思いを伝え続け、
やっと日本の心を理解してもらえるようになった気がする。。

蟹1
蟹と一緒に手も蟹!

夜は高校時代の友達、カトリーナと一緒に蟹を食べに行った。

誕生日が近い私たちは、毎年真ん中誕生日会をしている。
もう、なかなかいい大人になったし、豪華に行きましょー♪と言うことで、
蟹のフルコースを食べに行った。

年は取っても中身はまだまだ子ども(の心を持った)私たち。

蟹を食べると大人しくなると言うのに、
キャーキャー騒いでおりました。

蟹2
蟹の刺身。美味。

蟹づくしのコースだったのだけど、
量が多すぎて完食できず最後は蟹を見るのも嫌に・・・。
結局、折り詰めにしてもらいました。ふぅ。
スポンサーサイト
 
またなんかゴージャスなもの食べまくってます
ねぇ~。 このパスタ本当に美味しそう!!
前菜も美しいしホテルのレストランってやっぱ
繊細な盛り付け上手だと思う!!!

 
cocoさん☆

こんなネタしかなくてすみません。。
本当にホテルってかなり見た目にこだわっていますよね!
そうそう、最近すこーしずつ料理をすることにもはまってきました。
cocoさんのブログとか参考にさせてもらいたいです☆
 
てへへ、最近参考になるようなしっかりお料理
してないけれど。。。また私もがんばろーっと。
私も最近ネタなし。。。
こんなの買ったとかくらいしかぁぁ
 
cocoさん☆

なかなかネタってないですよね。。
またcocoさんの料理期待しておきまーす!
(本当は試食したいです・・てへ)
 
ん?食べに来れば??
今度彼が日本に来たら東京観光においでよー!
 
cocoさん☆

行きたい~!!
今のところ次に彼がいつ日本に来るか
まだ未定なので、決まったら
また言いますーー!!
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://reogo.blog105.fc2.com/tb.php/45-f084b879

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。