スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇フランスでパシフィスト◇

090825

今、私はこの本を読んでいます。
これは、私の上司が貸してくれたもの。

この本の著者である美帆シボさんは、30数年前に
フランス人と結婚して渡仏しました。

2ヶ月の語学留学で、現在の旦那様に出会い、
それから日本に帰国して、遠距離恋愛をされたそうです。
その当時、勿論インターネットもなかったし、電話も物凄く高かったから
連絡は手紙。

ある時、手紙が来なくなったそう。
フランスで起こった大きなストが原因でした。
連絡を取る術がなくなったのですが、彼女は一方的に手紙を送り続けた。
そしたら、彼からの手紙が届きました。
彼は手紙を送るためにベルギーまで行ったそうです!!

それでも、彼女は彼に手紙を届けることが出来なかったので、
日本のとある旅行会社に行き、
パリ支店まで自分の手紙を持っていってもらうように頼みました。

そして、その会社はパリから彼に連絡して、
彼は手紙を受け取るために、住んでいたトゥールから来たそうです。
(大阪-東京間?名古屋-東京間??位の距離です)

結婚して赤ちゃんを授かったのだけど、生まれてすぐに亡くなり、
それから死や平和について考えるようになりました。

彼女は静岡出身で、日本にいた頃、平和について考えたことは
殆どありませんでした。
しかし、日本出身と言うことでフランスで原爆について話し、
活動を始めました。
原爆の本をフランス語に訳したり、
アニメを製作したり、テレビなどで講演を行ったり・・・。
私は、自分が広島に住んでいながら、
祖母が被爆者でありながら、そこまで語ってくることは
なかったように思います。

自分には何が出来るのだろうと考えさせられました。

もし、チャンスがあったら、読んでみて欲しいです。
私はポムにこの本を読んでもらいたいなぁ。。
私にも(日本語でも)難しかったので、かなり大変だとは思いますが・・(^_^.)

↓↓フランス語です↓↓
Maintenant je lis ce livre qu'un collègue m'a prêté.
Mme miho cibot s'est marié avec un francais il y a plus 30 ans.
Ca fait 30 ans qu'elle habite en France.
Elle habite en france depuis plus longtemps que mon petit ami francais!

Elle a connu son mari quand elle etait en France pendant 2 mois pour apprendre le francais.
Apres elle est rentree au Japon, ils echangaient des lettres par courrier.
Un jour, les lettres de son mari ne sont plus arrive au Japon a cause de greve en france.
Elle ne pouvait pas telephoner non plus.
Mais elle a continue a envoyer des lettres.
Pour pouvoir envoyer des lettres son petit ami est alle en belgique!

Et elle, pour donner le lettre, elle est allée dans une agence de voyage au Japon.
Elle a demande d'emmener en France son courrier (cette agence était en France aussi).
L'agence a contacte son mari(son petit ami),
et il est venu de tours( l'endoir ou il habitait) a Paris pour chercher les lettres.

Apres elle s'est marrie et est tombée enceinte.
Mais son bébé est mort-nee.
C'est pour ca, elle a commence a réfléchir a la mort et a la paix.

Elle vient de Shizuoka.
Quand elle etait au Japon, elle n'avait jamais pense a la paix.
Elle a ensuite commence a parler de la bombe atomique en france
et a traduit un livre sur la bombe atomique en francais.
Elle a egalement fait un dessin anime sur ce sujet et a participe a des emissions de television.

J'ai senti que rien n'a ete fait sur la bombe atomique
meme si ma grand-mère fût une victime de la Bombe atomique.

Si vous poulez, veuillez lire ce livre a tout prix.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://reogo.blog105.fc2.com/tb.php/98-3f55d79e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。