スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドでヨガ(4)

最終日、飛行機は夜の11時過ぎ発だったので、
それまでに首都デリーへ車で向かいました

丁度インドの祝日と重なっていたため、
車が多く、ものすごい時間がかかりました。


08091501
車中で出会った、物売りの少年達。
(金銭的に)貧しくてもそんなことを微塵も感じさせない素晴らしい笑顔


私たちが滞在中の日の中に
「インドの独立記念日」もあり、
やはりこういう日は、テロの心配があると言うことで、
町中には警察がたくさんいましたね。

そして、重要な場所(観光名所)には、
車(バイク、リクシャー含め)を立ち入り禁止にしていたため
すごくピリピリした感じもありました。

でもそこまでガードしてくれていたので、
逆に安心だったかも。。


さて、デリーに着いた後は買い物です

本当は現地の人が買い物をするような所で
安くて可愛いモノを探したかったのですが、
思った以上に移動に時間がかかったし、
ガイドさんがお土産やに連れて行ってくれると言ったので
敢えなく断念・・

でもこの間の事もあるしなぁ・・。

あまり彼の事は信用できなかったのだけど、
時間もないし、とりあえずお任せしました。


インドのお金はルピーと言います。
ルピーは凄く管理が面倒くさく、
日本の銀行や空港などでは両替出来ません

もしかしたらインドで日本円から両替出来たのかもしれませんが、
私たちはとりあえず米ドルに替えてインドに入りました。
(米ドルは都会の大きいお店ではそのまま使うことができます)

そしてその後最初に泊まったホテルにて、
ルピーに替えてもらいました。

ルピーは、日本に持って帰っても戻せないし、
そしてインド国内でも、いくらで両替したという為替の証明書がないと
元に戻せないのですね。

私たちは証明をもらわなかったので、
両替が不可能でした。

なので、全てを使い切ることを決意
まぁそうは言っても、あまりお金は持っていかなかったんですけどね(苦笑)


ガイドに連れて行ってもらったお店は、
やはりと言うべきか、日本人をターゲットにしたおみやげ屋です。

はっきり言って値段は高いし、
質はあまりよくありません。

それに無駄に店員が日本語を話せて、

「お客さん、これ、ハイクオリティね。
これ買ったら良いね」

とかってすごくしつこく勧誘されました

そんな中で、私がゲットしたのは、
スタールビーのネックレスです。

あと、アーユルヴェーダのオイルも買いました。
最近これでマッサージしていますが、なかなか良いです!

城

そしてかるーくデリーを観光して、
帰国の途につきました。

人形

インドは、すごく不思議な国でした。。
宗教色が強すぎて、圧倒されることも多かったけど、
帰国して1カ月たった今では、
なんとなーく懐かしさを覚えるような・・?

もしまた行く機会があったら、
観光客としてより、もっと原住民に馴染んだ生活をおくってみたいです

インド門


<おまけ>
友達が書いた4コマ漫画(爆)

kiri

私の漫画、「パリパリ伝説
(paris在住の作者が、思ったことなどをボソボソっと書いている漫画)
を見て思いついたらしい

笑わせて頂きました

ちなみにここに書いていることは事実です。

4人中3人が熱が出たりお腹を壊したりしました

水は日本から持参していったし、
生ものは口にしなかったし、
食事の度にウェットティッシュでお皿などを拭いたにも関わらず!です。

恐るべしインド

インドでヨガ(3)

ヨガの空き時間でやりたかったこと。

それは、本場インドでアーユルヴェーダ体験

アーユルヴェーダは、最近日本でも流行ってきていますよね。

日本ではやったことがないのですが、確か1万円位はするはず・・?

それがインドだと、日本円にして何百円でできちゃうのですね
(地球の歩き方によると・・)

本に何件かお店が載っていましたが、
来たばかりの町だし、ガイドさんが
(今回は一応ツアーだったのでインド人の運転手とガイドがいました)

「良いところあるよ!」

と言うので、連れていってもらうことにしました。

リクシャーで!

リクシャー

インドではリクシャーという
タクシーの様な乗り物がそこら中を走っています!



着いたところは、こんなところで出来るの?と言うくらい、綺麗とはほど遠い建物でした

まぁインドだしこういうモノなのかな?と、
とりあえず中に入って話を聞くことにしました。

しかし、値段を聞いてびっくり。

日本と変わらないのです。

日本だと、凄く綺麗な場所でやるのに、
ここではこんなに汚くて
(ただのビルの中にベッドが置かれただけ)
値段も高いなんて・・・・

旅慣れした友達、えみちゃんねると、
幾度か痛い目を見てきた私は、
「日本人はお金を払う」
と思われるのが、どうしても許せず、
文句を言いました

「なんでこんなに値段が高いの?」

「ここに来た日本人はみんな同じ事を言います。
アーユルヴェーダではオイルを使いますが、
ここでは良いオイルを使っているのでこの値段になります」

なーるほど!
そんなに良いオイルを使っているんだ♪

ってそれにしても高すぎでしょう?

インドの平均日収は250円らしいのに、
どう考えても割りに合わない。
外国人(日本人)をターゲットにやっているとしか思えない。

「本には10分の1以下の値段で書いてあったよ?」

「それはその本の情報が古すぎます。
このところ、オイルの値段が上がってきているのです」

あーそっか。ガソリンも高くなっているしね。

って、この本「地球の歩き方2008-09」なんですけど・・?

「半額にはなるんじゃない?
(それでもかなり高く見積もっていますけど・・)」

「無理です、無理です、絶対無理です!!」

と、言うわけで交渉決裂

断って帰りました



それにしても悔しすぎる。。
これを楽しみに来たのに!!

あまりに悔しかったので、
自分たちで本を見ながら、アーユルヴェーダの店探しをすることにしました。

あの人たちの言っていたことが正しかったかどうかを
確かめるためにも!

街中

地球の歩き方には、一応地図が載っていましたが、
マイナーな都市なのか、
少しわかりにくい印象でした。

何度か迷った末に着いたのが、とあるホテル。

ここは、ホテルの一室でマッサージをしてくれるそうです。

そして、ドキドキしながら値段を尋ねると・・・
本の通りでした(爆)

なので、お願いしました。

頭の先から足の先までおよそ1時間。
丁寧にマッサージしてもらいました

あまりに気持ちよくて思わずうとうと。。。
くせになりそうです。

高い店でやらなくて良かった

続く。

インドでヨガ(2)

私たちはヨガ体験をするために、
ヨガ発祥の地と言われているリシューケシュに向かいました。

ヨガを体験するためには、
決められた施設に宿泊しなければなりません。


施設1
!!!!!


施設2

き、汚い・・・。
大きなヤモリだって出ちゃいます。

まるで野外活動のような施設で、
修業の始まりです

ガンジス川沿いにある施設。

ガンガー3

夜は橋を渡って、対岸に行きました。

ガンガー4

つり橋を渡りました・・。
ゆれて怖かった。
牛とバイクとか普通に通ってるし。

そう、インドには野生の牛や猿がそこら辺にいます。

牛

道には糞がいっぱい!


ガンジス川に向かってお祈りをしています。
兎に角すごい人!!

ガンガー5

インドは本当に、宗教色の強い国だと思いました。



次の日は、朝5時半から、瞑想とヨガをしました(爆!)

ヨガのアシュラム(道場)は坂の上にあります。

坂
通うだけで良い運動・・。

瞑想
瞑想する道場。

ヨガ
ヨガの道場。


瞑想とヨガの後に、朝ご飯です。

チャイと甘いおかゆ。

朝ごはん


この体験中は、肉類は一切禁止でした。

昼と夜はやっぱりカレー。

昼ごはん

ここでは、ナンではなくチャパティを食べました。
ナンは、専用の釜がないと焼けないらしく、
少し高価なのだとか?
チャパティはナンに似ていますが、
もちもちしていて、パンに近いです。

朝と昼に少し自由時間があったのですが、
その時のことはまた次回に書くとして・・・。

夜はまたヨガと瞑想がありました。

ヨガ2

ヨガ3

先生はとっても素敵な方でした!

私は友達のヨガ教室とウィーで軽くヨガをやった程度なので、
参加者の中で1、2を争う身体の硬さだったと思います(苦笑)

日本に帰ったら、
もっと本格的に取り組もうと心に誓いました。

続く。



インドでヨガ(1)

kanno
初の東南(東)アジア、インドに行ってきました

実はその数日前に、連続テロが起こり、
職場の上司(50代男性、口悪し)に

「お前は本当に行くんか?
お金を出して死にに行くのか?」

とか、かなり反対されてしまい、
行く自分もかなりびびっていました

友達の本(地球の歩き方)にも、
ヨーロッパなどと比べると
被害体験が多く載っているし、
行く前は憂鬱でした。

飛行機は、エアーインディア。
日本の国内線位のあまり大きいと思えない飛行機で、
サービスもあまり良くなかった。

ご飯サービスをしている途中にトイレに行こうとしたら、
客室乗務員に

「Sit down!!! After service!!!!」

と怒鳴られる始末。

無事に帰って来られます様に!と心の中で本気で祈っていました(爆)



インドではまず首都のデリーに1泊。

デリー2
デリー1


そして、2日目。

私たちの今回のツアーは、
ヨガ体験がメインなので、
ヨガ発祥の地リシューケシュに電車で向かいました。

ポーター
軽々と荷物を運んでくれるポーター。

子供たち
電車の中で出会った子供たちの笑顔は素敵でした



リシューケシュにたどり着く前に、
ヒンズー教の聖地、ハリドワールに立ち寄りました。

前日は夜到着して、寝ただけだったので、
実質、この時に初めてインドを見たような気がします。。

ハリ1

ハリ2


カースト制が残っているインド。
物乞いする人、
明らかに小学生位の、道ばたでモノを売る少年少女・・。

始めに見たとき、あまりに衝撃的で、
何故わたしはここにいるのだろう?と、軽いホームシックになりました

それでも彼らは、全く悲観的ではなく、
エネルギッシュで
生きてるって感じが物凄く伝わってきました

ハリ3
笑顔はとっても素敵


ハリドワールでは、丘の上に聳え立つマンサデビ寺院にお参りです。

寺院

ロープウェーで上がりました。

ロープ
結構スピードが速くて怖かった・・・。

その後、ガンガー(ガンジス川)に行きました。

沐浴する人々。。
まるでプールのようです。

ガンガー1

頭までつかることにより、
今までの罪を全て洗い流してくれるとか・・?

ガンガー2

私たちは足だけつかりました!
今は雨季らしく、増水しており、結構冷たかったです。



ご飯は常にカレーでした。
チキンや野菜、チーズなどの入った数種類のカレーを
もちもちしたナンやご飯と一緒に食べます。

カレー


なかなか美味しかったです(最後はさすがに飽きてきたけど・・)。

続く。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。