スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇parisには住めない◇

mere
✿ポムから母の日(フランスでは6月7日)に届いたお花✿
カーネーションとバラを間違えたらしい(爆笑)



今月(6月)後半から、パリにて仕事を始めるポム。
私はパリあるいはパリ近郊に勿論住むものだと思っていました。
そのつもりで、みんなにベ~ラベラ話していたし、
いくら部屋を探すのが遅くても、
「大丈夫、彼ならきっとやってくれる」と考えていました。
↑というのは、半分嘘。実はイライラしながら
あまり考えないように努めていた(苦笑)

やっとアパートを探し始めたと思ったら、
モジモジと・・なにか言いたいことがあるもよう。

「実は、○○(←ポムの実家のある、ロワール地方のとある町)から
通おうと思うんだ」

ポムの言い分としては、
今のところ、殆どキャリアがないポムは、
初任給程度の給料しかもらえなくて、
私も勿論働くつもりだけど、visaのこともあるし、
それより何より、私の今の語学力では、
まだまだフランス人の間で働けるとは思えない。

そして、年末にフランスで結婚式、
年が明けて日本でパーティーをするとなると、
いま高い家賃を払うのは得策じゃないかなって・・。

幸い、SNCF(日本で言うJR)で1時間程度で通える。
(日本でも関東や関西圏では通勤・通学に1時間超って
普通なんですよね?)

パリには知り合いが全くいないけど、
ポムの地元だったら家族がいるし、
ポムのママンは私が外国人でも容赦なく早口で話すから
恐らく語学力アップのためにも良い。

私も地元で小さなキャリア(アウトソーシングなど短期もの)を積んで、
そしてきちんとした仕事(いわゆるCDI)を見つけて
パリに住むのも良いのかもな~。

スタートは貧乏。
でも最初がリッチで後々落ちると、本当に大変だと思うから、
少しずつでも上がってくれると良いなぁ。

とにかく、私も早く、フランスで自分の生活の基盤を築きたいです。。

◇私、いつ仕事辞めるの?◇

090516

「youpiさんが部内で1、2を争うほど野球に興味がありそうだから、
この新しい仕事を是非お願いしたいのだけど・・」

と部長に言われ、新たな事に取り組みことになった。

私はこの数カ月、本当に仕事が面白くなくて
(多分誰でもこういう波はあると思うけど)
いつ辞めてもいいや!と思っていた。

そんなときに、面白そうな事を頼まれたので
ちょっと頑張りたいと気持ちが変わった。

しかし、これは8月いっぱいは取り組むことになる。
私は8月か9月に仕事を辞めようと思っているのだ。

実は、まだ職場の人に仕事を辞める話をしていない(汗)
だから「私に・・」と考えたのだろう。

そう、辞める話もしていなければ、
職場の人たちで、私の彼氏の話を知っているのも、
本当に一部だけ。

まだ、今の職場で働き始めた頃、
誰がいい人か悪い人かの区別も付かず、
とりあえず若くて(30代前半)優しそうな男性に
自分の彼のことを話した。

そしたら、ものすごくいや~な顔をされて、
「え~~?よくやるよね。
自分の子どもが外国人と付き合ったら絶対嫌だ」と言われた(汗)

田舎出身の人だったから、あまり理解できなかったのかも知れないけど
それでも初めてそんなことを言われてかなりショックだった。

そしてまた、その人が男なのに、もの凄くおしゃべりで
いつの間にか噂が広まっていた。。

それから何年か経って、今はその当時の人は殆どいないから
私のことを知っているのは本当に一部のみ。

でもその時の事があるから、
別に職場でベラベラ話さなくてもいっかと思って、
職場では、もてない結婚できないキャラと言うことになっている(爆)

辞めることを言えてないもう一つの理由に、
具体的にまだ話が進んでいないと言うのもある。

やっぱり「結婚してフランスに行くので辞めます」と言うからには
色んな事にきちんと答えたい。

6月からパリでの仕事を始めるポムは
未だにアパートも探してなくて(おーい!!)
そのことについて何度も言い争ったけど全然交わることがない。

パリや近郊のアパート不足を色んな所で読んだ私は、すごく不安なのだけど
「パリに住んでいる友達たちが助けてくれるから大丈夫」なんだと・・。

フランスで暮らすと言うことは、色んな意味で大らかにならないと
本当にやっていけないので、
もう任せることにした。

とりあえず、今決定していることは「12月末にフランスの市役所にて結婚」。

これだけです。

それにしても、フランスに引っ越すというのに
引越業者とかは考えなくて良いのかな。
あ、でも自分だけだから航空便や船便で送るだけで良いかな。

わたし、ギリギリまで働いていて、本当に大丈夫なんだろうか・・・?

◇フランス大使館で面接◇

ポムがprefecture(県庁)にvisaのことについて聞きに行った。

フランスでは、以前はvisa無しで入国・結婚後
そのまま滞在許可証が取れていたみたいだけど
2006年以降、法律の関係でそれが出来なくなった。

しかし、田舎町だし、もしかして例外も?と淡い期待を抱いていたのだが
そんなわけもなく、「やっぱりvisaは必要」だそうだ。

県庁に行っても意味はない!と思っていたのだが、
それなりに収穫もあったようで、
mairie(市役所)での結婚の手続き方法、必要な書類などを教えてもらえたらしい。

市役所に提出する書類は以下のモノ。
1. 本籍地の役所発行の戸籍謄本(アポスティーユの添付されたもの)
2. EXTRAIT D'ACTE DE NAISSANCE(出生証明書)
3. CERTIFICAT DE CELIBAT(独身証明書)
4. CERTIFICAT DE COUTUME(慣習証明書)
5. PIECE D'IDENTITE(日本国旅券またはフランス滞在許可証)
6. CERTIFICAT MEDICAL PRENUPTIAL(婚前健康診断書)

これらは私が日本で準備し、
それをそのままフランスに送って、ポムが法的な機関で翻訳してもらうそうだ。
今まではスポットで、何が必要と言うのを考えていたが、
だいぶ流れが分かってきたような気がする。

これらの書類をポムが1人で市役所に持って行った後、
市役所から在日フランス大使館に、その情報が渡り、
わたしは、面接に行かなければならないらしい。

面接・・って初耳なんですが?

そう、なんだか聞いた話では、
私たちが結婚する予定の市役所では、ポムが1人でも申請することができる。
他の所では、2人一緒に行かないといけない。
それはなぜかと言うと、2人でサインしないといけないかららしい。

私は一緒に行けないので、
その分、彼はフランスで、私は日本で面接を受けることになるらしいのだけど・・。

そんな事、大使館のHPにも書いてませんよね(汗)

そしてちょっと思ったのだけど、
市役所に申請する書類の中にパスポートがはいっているのですが・・?

他の書類は送ってもまぁ大丈夫だとしても、
パスポートを国をまたいで送っても大丈夫なのかな?
日本ならまだしも、フランスのLa posteは本当に信用できませんよ(大汗)

穴だらけの「フランスでフランス人と・・」visa、本当に申請できるのでしょうか?
分からないことが多すぎるし、
これはもう、mixiでコミュをたてようかと思います。
はぁ・・(ーー;)

◇汗と涙のvisa準備◇

「フランスでフランス人と結婚し、長期滞在するためのvisa」
名前も長ければ、準備も面倒くさい(汗)

結婚式とかパーティーの話まで全然すすまない。
もしかしたらすぐに出来ないかも。
とりあえず、フランスでの式だけは先にやりたいとは思っているけど。

visaに必要な書類のことで
mixiのコミュとか、ブログやら
兎に角色んな方の情報を参考にさせてもらっているのだけど、
全然わからん(汗)

大使館に行ったり、
フランスに入ってからの手続きで、もし書類不備と言うことがあったら
本当にいやなので、
いつも口をすーっぱくして
「ちゃんと調べよう」と言うことを伝えているのに
それで、ポムとは喧嘩ばっかりだし。

「3カ月あったら準備は出来る」といつも言われ、
「でもフランスだから、信用は出来ん」と言って、本当に怒られます。
(フランスを馬鹿にするなって・・)

とりあえず、私が戸籍謄本等を日本から送って、
それを元にポムは地元の市役所に行き、
「婚姻公示証明書」と「婚姻に対する無反対証明書」というモノを受け取って、
それを日本に送ってもらって、
それを持って私は東京大使館に行くことになりそうです。

先が長いなぁ・・。

ポムが結婚予定のmairie(市役所)に、
書類を出すのは
1人でも良いのか、一緒に行かないと行けないのかを聞きに行ったのも、
質問だけで1週間かかったし(なぜ?それでフランスを馬鹿にするなと言えるの?プンプン)。

そして次はprefecture(県庁)にvisaの質問をしに行くそうです。

「県庁は滞在許可証を申請するところでしょう?
visaは大使館だよ!」と言っても、全く聞いてもらえず
「まずはここなの!その後分からなかったら大使館に質問する」
んだそうです。

ふーん。ま、いっけどさ。
まだ、前向きに動いてくれるようになっただけ、いっか。

色んなところで調べたことによると、
大使館はわからないけど、他の書類は、
市役所やら県庁やら役所によって全然違うみたいなので、
先に聞きに行っておくのはいいかもしれないしね。

それにしても、まだまだ準備は始まったばかりなのに
「もうやめたい」と思うことは何十回もあったと思う。
国際結婚って本当に大変。

アイルランド人と結婚している友達に色々と話したら、
「本当に大変な事は多いけど、
でもそれ以上に素晴らしいこともいっぱいあるよね。
だって好きな人と一緒にいられるんだもんね」
と言われ、は~なんて優しい心を持った子なんだろうと思った。

私って負のオーラ出しっぱなし。

道理で、喧嘩ばっかりしちゃうのかもしれないな。

もっと楽しんで準備しよう(-_-)

◇年内にフランスに移住します◇

ジベルニー

全然話が進んでいなかったのだけど、
最近やっと『10月末か11月初旬に渡仏』と言う方向で固まってきた。

「フランスでフランス人と・・・」visaを取得して
フランスに入った後は、
ポム出身の町の市役所にて、
12月末に結婚式をしようかなと。

と言っても、全然そこら辺の話は進んでいない(汗)
フランス人だからと言うより、
男性はやっぱり結婚式の話とかあまり積極的じゃなくて
そのせいで大げんかをしたり別れちゃう人もいると聞くけど
まさにそんな感じ。

結婚したら、滞在許可証の申請をして、
年が明けた春頃に日本でパーティーをしたい。

そして、大体1年後辺りから本格的に
仕事を探すことや子どもの事を考えたりして、
フランスでの生活が始まると言う感じかな。

やっぱり、体質的な問題もあるし、
子どものことをどうしても考えてしまう自分がいたりする・・。

本当はCDI(長期雇用)を見つけて子どもが出来た方が
色んな待遇の面で良いのだろうけど、
すぐに仕事が見つかるか分からないし、
子どももすぐに出来るかわからないから・・(>_<)

まぁ、これだけ言っておきながら「どこが?」と言う感じだけど、
出来るだけのんびりやりたいなーと・・
出来るだけストレスは無くして行きたいと思う。

自分の性格上、どうしてもストレスを溜めてしまうというか
頑張り過ぎちゃうところがあって、これは良くないな~と思う。

パリ近郊での生活は初めてだし、
知り合いもいないのだから、
まずは語学学校に通いながら、友達を増やすのも手かもしれない・・。

相変わらず、日本での自分の生活が楽しくて、
友達とご飯食べたり、旅行に行ったり、
そして愛するカープを見て友達と語ったりで、
どうもフランス行きに実感が沸いてこない(大汗)

「あんた、そんなんでフランスで生活できるの?
そんなに離れ離れで寂しいとか言う気持ちはないわけ?」

と母にも突っ込まれてしまう。

でも、私は結婚がゴールだと思っていないので、
出来るだけ結婚してその後のことを考えて
色々と準備はしているつもり。

フランス行きの書類関係は、まだまだこれからです。
それにしても、検索して「フランスでフランス人と・・」visaを申請したと言う人が
殆ど見つからない。

皆さん、先にフランスで結婚して、
その後一時帰国して、配偶者visaを取っているみたい。

何故?もしかして、「フランスでフランス人と・・」visaは
申請が物凄く難しいのかな?

こんな時、地方都市に住んでいる自分はつくづく損だな~と思う。

わざわざ東京に行かないといけないのに、
もし通らなかったらどうしよう・・。

以前、留学した時は、「地球の歩き方」に代行を頼んだ。

その時、私が「フランスのvisa申請第1号」だったらしく、
値段がまだ決まってなかったみたいで、
破格の「5000円」だった。

今は代行でこの値段でやってくれるところはなく、
どこでもウン万円はする。

でも、結婚関係のvisaは代行ダメみたいですね。

は~・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。